FC2ブログ

Latest Entries

今後のパイロット新製品のご紹介について

9/12 13の両日、東京にてパイロットの販売店向け展示会が開催され、当店も9/12に参加させて頂きました。
今回は創立100周年を迎える記念すべき年、今まで以上にメーカーの意気込みが感じられ、大いに刺激を受けた次第です。

これまで、当店では、このサイトを利用し、展示会で紹介されていた限定品や定番品の新製品情報をご案内して参りました。
特に今回は100周年のため、お問い合わせも大変多いのですが、配布された資料には、発売前の情報をインターネット上に投稿することを遠慮して欲しいとの記載がなされておりますため、今後、当店が独自に発売前の情報をご紹介することは自粛させて頂きたく思います。
ご期待頂いた皆様には大変申し訳ございませんが、メーカーの意向を尊重し、このようにさせて頂くことに致しました。

今現在公式に案内されている内容として、年内に、100周年記念万年筆が発売されます。15万円の商品は当店でも発注致しましたので、入荷次第ご紹介させて頂きます。

なお、masahiro万年筆製作所製品も、20周年を記念した新商品(限定品ではなく定番品)を発売予定です。こちらは、準備ができ次第ご案内させて頂きます。今現在発売時期は未定ですが、20周年の12月までには発売の予定です。

現行のコンバータータイプ万年筆廃盤のお知らせ

長きにわたりご愛顧頂きました、コンバータータイプですが、現行仕様(パイロットペン先5号・10号仕様)については今月いっぱいで、廃盤とさせて頂きます。
併せて、コンバーター70仕様の商品も廃盤とさせて頂きます。
これまでご愛顧頂きまして誠にありがとうございました。
若干納期が掛かりますが、8月下旬までご注文はお受け致します。

※近日これに代わる新製品を発売予定です。

キングダムノート仕様の万年筆につきまして

 先日2018年2月23日から、東京都新宿区(新宿駅西口)の筆記具専門店キングダムノートにてmasahiro万年筆製作所のM形吸入方式万年筆の取り扱い販売が開始されました。
在庫しておりましたら店頭でご覧頂くことが可能です。
すでに何名かの方から、店頭でご覧頂いたご報告を頂いております。
 多くのかたに私の万年筆の良さを知ってもらう非常に貴重な場とのご意見も頂いております。
 また、早速お求めくださった方もいらっしゃいます。
 多くのお客様のおかげで生産を継続することができ、厚く御礼申し上げます。

 今回は、少し長い文章になりますが、キングダムノート仕様の商品について少しご説明させて頂きたく思います。

●M形吸入方式について
 当初はいわゆるインキ止式をメインで行ってきまして、コルクの全廃や、中芯自動調整機構など、改良を重ね、より安心してお使い頂けるような商品を製作して参りました。
 この方式は戦前は現在のカートリッジ式のように主流だった方式ですが、今では一部の高級万年筆でしか見られなくなりました。 一方で、独特な「スポイトでインクを入れる」という手法に抵抗感がある方も多く、そのようなご意見を頂くことも多かったです。
 そこで、私が考えるベストな吸入方式(現在「M形吸入方式万年筆」と呼んでいるタイプ)を企図し、開発に取り組みました。
 以前から青写真は描いており、上記の中芯自動調整機構などはインキ止式のための改良というよりは、M形万年筆の礎となるべく改良していきました。
 M形吸入方式万年筆は、加工上の難所や、吸入システムの限界等々、非常に難しいところが多く、そもそも正常に機能することなど不可能なのかもしれないと思い、商品化を断念しようと思ったこともありました。ふとしたところで抜本的な解決策を見いだし、全く問題の無い安定した吸入方式に仕立て上げることができました。(開発の経緯の一部は、以前出演させて頂いたラジオ番組で少しお話しさせて頂きました)
 キングダムノートの商品紹介ページで私のプロフィールが掲載されておりますが、30代前半でペン芯を完成させ、30代後半でM形吸入方式を完成させた、そんな日々でした。その後中芯ステンレス化など、細部を進化させ、現在の仕様に至っております。
 商品の性格としては皆様のご要望をリサーチして商品化したものではありません。吸入方式だけでなく、デザイン(軸形状や長さなど)、ペン芯の外観等に至るまで、私自身が思い描いた理想を皆様に問うような商品です。
 そんな商品ですが、発売以降、商品をお求め頂いたお客様から、うれしいご感想を頂き、お求め頂きご愛用くださったり、と、本当にありがたく、感謝しております。
 当店では、コンバータータイプも生産して参りましたが、生産品のなかでも、とても思い入れの強い、満を持して開発した、私のハンドメイド万年筆の代表商品である「M形吸入方式」を、キングダムノートにてお取り扱い頂くことになりました。

●ペン先について
 キングダムノートにてお取り扱い頂く商品に取り付けるペン先は、ドイツのBock(ボック)社14金ペン先を採用しております。
 Bock社のペン先を採用するに至った経緯としては、Bock社のペン先に、専用設計で新規開発した自社製エボナイトペン芯を装着すれば、ペン先のもつポテンシャル(潜在能力)を引き出せることがわかったからです。
 Bock社のペン先は、ペン先とペン芯、そしてペン先とペン芯が入りカートリッジやコンバーター差し込み口設けられた筒であるスリーブやソケットと言われる部品、この3点が組み上がった構成ユニットで販売供給されます。
 しかしながら、Bock製のペン先以外の部品、特にペン芯は満足の行くものではありませんでした。
 一般的には、この構成ユニットのまま装着して、「カートリッジコンバーター両用式」として販売されているものが多く、このようにすれば製作は省力化できます。
 でも、それでは、満足の行く結果にはなりません。
 何より、M形吸入方式に特化したペン芯設計にしないと上手く機能しませんし、ペン先ペン芯の固定力がBockの構成ユニットでは満足の行く固定では無いのです。
 Bockのペン先の大きさや長さはパイロットのペン先とは全く違いますし、首内部に入る部分のペン先形状も違います。そのため、ゼロからペン芯を開発し、用意致しました。
 この結果、これまで使用してきたパイロットのペン先にプラスした商品群として、Bockのペン先をラインナップすることができました。
 Bockのペン先の特徴は、何より、秘めたポテンシャルを高めた結果得られる「魅惑の弾力」です。
 ペン先としてふさわしい金品位は14金または18金ですので、Bockの14金または18金ペン先を採用しております(一部字巾は18金のみのラインナップですが、現在キングダムノート取り扱いのFとMは共に14金で用意されているため、14金ペン先となっております)。また、インキ供給方式に特化したペン芯、すなわち、Bockのペン先とmasahiro万年筆製作所のM形吸入方式に特化したペン芯を装着しております。
 これにより、パイロットのペン先とは違った弾力のペン先をラインナップすることができました。パイロットのペン先でもキャップレスとカスタム743の書き味が同じMでも弾力や書き味が違うように、似たような大きさのパイロットとBockですが、弾力が全く違います。
 Bockは、世界中の多くの万年筆メーカーのペン先の製造を行っているメーカーであり、定評があります。それでも、出荷状態の書き味は最上の状態のものばかりではないため、当店でご好評の書き味検品調整を入念に施し、ペン芯と合わせてBockのペン先に秘めたポテンシャルを引き出したような状態に仕上がっております。書き味が悪ければ、魅惑の弾力も全く感じられないのです。十分に納得のいくまで取り組ませて頂いた結果、Bockの構成ユニットで納品された状態とは別物といえるくらいの状態になり、満足の行く状態でご用意することができました。
 Bockのペン先がラインナップされたことにより、お客様の選択肢が増えたというように思って頂ければうれしく思います。
 キングダムノートでは店頭でお試し頂けますので、お客様ご自身で是非この弾力をお試し頂ければ幸いです。
 また、Bockのペン先が装着されたキングダムノート仕様の商品は、海外への販売も可能です。
 Bockペン先商品はキングダムノート販売商品のため、詳細はキングダムノートへお問い合わせください。

 これまで、商品のラインナップの多さなどから、お客様に完成品をお試し頂くことが出来ず、誠に申し訳無く思っております。
 それでも、完成度や前述の独自の吸入方式にご信頼頂き、1回も手に取ることなくご注文くださった方に恵まれたことは、本当にありがたい限りです。
 これからはキングダムノート店頭でお試し頂けますので、新しいBockのペン先の装着されたM形吸入方式万年筆、何卒よろしくお願い申し上げます。

18ミリ M形吸入方式万年筆 赤マーブルエボナイト軸 数本在庫ございます

 長く生産しておらず、欠品しておりました18ミリのM形吸入方式万年筆、赤マーブルエボナイト軸が数本だけですが在庫ございます。
 ご興味ございましたら是非ご連絡ください。

※直販仕様のため、ペン先はパイロット14金大型ペン先になります。

キングダムノートにてmasahiro万年筆製作所製品の販売が開始されました!

2018年2月23日(富士山の日)、キングダムノート(筆記具専門店:東京都新宿区 新宿駅西口)にて、masahiro万年筆製作所製品の販売が開始されました。

店頭でお手にとってご覧頂くことができます。

力作の特設ページも用意して頂き、撮りおろした動画もご覧いただけます。

是非ご覧下さい。

また、キングダムノートでの販売開始に伴い、生産品リストも大幅に変更させて頂きました。

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
TEL 080-8106-3964
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: