Entries

キャップリングに割れ防止効果などない

 私は自社製品では、キャップにリングを入れておりません。 必要ないからです。 肉厚次第で、エボナイトは十分な強度を保つことができます。 リングが入っているものは、以下の目的で入れられています。●装飾(これが一番の効果と考えます)●(セルロイド素材の場合)キャップ入口内部に収縮防止として キャップ入り口ひび割れ防止のためにリングを入れる、と言われることがありますし、私もかつてはその機能があると思ってお...

エボナイトについて その8 漆塗装(ラッカーナイト)について

エボナイトは変色するので、表面を漆塗装する手法が、戦前パイロットにて発明され、ラッカーナイトと呼ばれています。厳密にはパイロットは漆を塗る手法を発明したというよりは、変色しない総合手法を発明したと言った方が正しく、エボナイトに単に漆さえ塗れば良いというわけではありません。 実際、パイロットの昭和初期のラッカーナイト軸は、今でも全く変色しておりませんし、漆もはがれておりませんが、不適切に漆が塗られた...

エボナイトについて その7 エボナイト万年筆が少ないわけ

 今現在、総磨き総エボナイトの万年筆は、ほとんど市場に出ておりません。私の知る限り総エボナイトは大手メーカーは製造しておりません。 先頃ある方から、「個人的に筆記具の素材としてのエボナイトの魅力に関心をもっており、そうした商品が市場に少ないことを非常に残念に思っております。 」というメールを頂きました。 現実にペン芯はエボナイトでは難しいとしても、キャップや胴・首内部がエボナイトで出来た万年筆とい...

エボナイトについて その6 エボナイト周辺知識

・プラスチックの総称として使用される「エボナイト」という名称 エボナイトは黒いプラスチックの総称として呼ばれることがあります。 しかし、今現在、エボナイトはほとんど手にする機会はありませんし、エボナイトで製造されたものもほとんどありません。 ・エボナイトは天然素材か エボナイトは天然素材か、ですが、天然素材の定義に私は明るくありません。プラスチックも天然の石油から作られるので天然素材と言えるのでし...

エボナイトについて その5 エボナイトの変色・曇り

 エボナイトは、変色するという特質があります。これは致し方ない点であります。エボナイトの変色については、後掲のような経過をたどります。 一般には「変色」と呼ばれますが、色の変化よりも早く訪れる光沢が無くなる「曇り」の方に着目した方が良いと思います。 変色は、後述のように、湿度と紫外線により促進されるので、乾燥した暗所に保存すれば変色はしません。●エボナイト変色経過 エボナイトは変色してしまうという...

エボナイトについて その4 エボナイトの欠点

 なんと言っても素材が曇ったり変色することです。 また、加工がたいへん難しく、刃物の切れ味がすぐに悪くなってしまいます。金属やプラスチックよりも遙かに被削性は悪く、被削性の悪さは驚くほどひどいです。仕上げ削りでは、刃物を最高の状態の切れ味にして非常に細かい上質の削りカスを出しますが、そのような加工では、どんなエボナイトでも、数十秒しか刃物の切れ味は持続しません。通常の荒中加工でも、切れ味は数分も持...

エボナイトについて その3 エボナイトの特徴 他の素材と比較して

 エボナイトは変色しますが、素材としての性能の高さは、他の素材を寄せ付けないすばらしいものがあります。特徴を少しご紹介します。 エボナイトは、耐久性が抜群に優れております。金属を遙かに超える耐久性があり、加工精度も出しやすいです。この点、木は加工精度を非常に出しにくいです。 また、磨くと、非常に素晴らしい光沢が出ます(ただし後日ご紹介するように、適切に磨くのは実は非常に困難です)。 他のプラスチッ...

エボナイトについて その2 エボナイトの種類

 エボナイトには、純粋なエボナイトと、カーボン入りエボナイト、そしてマーブルエボナイトなどがあります。・純エボナイト 主原料としては生ゴムと硫黄だけから作られた純粋な天然ゴムエボナイトです。 磨くと漆黒な色つやが出ます。・カーボン入りエボナイト 特定用途向けに使用されるものです。 私が試験したところ、特性は純粋なエボナイトに比べてかなり差があります。このカーボン入りエボナイトで製造していた万年筆メ...

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: