Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/14-cf462e49

-件のトラックバック

テンロク と コンマロク 0.5ミリのシャープ替シンはなんと呼ぶべきか?

0.6
これをなんと読みますか?
「レイテンロク」でしょうか。それとも?
1未満のこの数値は、通常機械加工の現場では、「レイテンロク」ではなく、「コンマロク」と呼ぶことが多いです。「コンマロク」ですと、0.6ではなく1.6などと勘違いする方がいてはたいへんなので、丁寧に、「レイコンマロク」と呼ぶ方もいらっしゃいます。
従って、0.5ミリのシャープ替シンは、「レイコンマゴ」と呼ぶのがベストでしょう。

私が以前某鉄工所にて、溶接の練習をしていたとき、「テンロク」の板でやってみるように一人の職人さんに言われました。
「テンロク」?何ミリか、1.6か、2.6か、何テン6ミリなのか、ずいぶん悩みました。
板はシャーリングという直線に切断できる機械で切るので、そのシャーリングの方に行くと、別の職人さんがちょうど板を探しているところでした。そこで、さりげなく、
「『テンロク』の板どれですかね?」、と言ってみました。
その職人さんが私は目検討で板厚を判断出来ないものと思ったようで、私に、
「まだ測ってみないとわからないよな」
と言って、板を持ち上げ、
「これがテンロクだ」
、と言って渡してくれました。
測って見ると、1.6ミリでした。
1.6ミリのことを「テンロク」と呼ぶのです。

万年筆のペン先の先端は、0.03ミリ位の開きです。
これはなんと呼ぶのでしょうか。
私は、また別の金属加工工場で、「ヒャクブンノ」という言葉を良く聞きました。一人の職人さんが、「ヒャクブンノニ」と言った言葉を使いました。
0.03ミリは、「ヒャクブンノサン」と呼ぶのです。

万年筆のカタログなどを見ますと、長さなどは、143ミリなどと、センチは使いません。通常長さは、小さいものでも大きいものでも、ミリで表すことが多いのです。
もし、何か長さを伝える必要があるとき、1センチではなく、10ミリと呼ぶ、5メートルではなく、5000ミリと言う方が良いかもしれません。
10ミリは、どういうわけか「トオミリ」と呼ぶことが多いです。

これらは、どれが正しくて、どれが間違っているというものではないです。呼称として良く使われるということです。参考にしてみてください。

まとめ
●0.5ミリ→「コンマゴ」または「レイコンマゴ」と呼ぶ
●1.6ミリ→「テンロク」と呼ぶ(一般には「イッテンロク」と呼ぶ方が良いと思います)
●3.6ミリ→「サンテンロクミリ」
●0.03ミリ→「ヒャクブンノサンミリ」
●0.003ミリ→「センブンノサンミリ」
●0.0003ミリ→「マンブンノサンミリ」
●10ミリ・1センチ→「トオミリ」と呼ぶことが多い
●1.1センチ→「11ミリ」と表記すべき
●5メートル→「5000ミリ」と表記すべき(場合もある)
●5メートル1ミリ→「5001ミリ」と表記すべき(と思う)

なお、各業界などによって違うと思いますし、上記は参考にとどめてください。機械製図は規格上ミリメートルの単位で記入することになっているのが理由のひとつです。

そういえば…
直接的には関係ないことですが、電話番号は0から始まることが多いですが、TVやラジオのアナウンサーの方は、大半の場合、「ゼロ」とは呼ばないで、「レイ」と呼んでいますね。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/14-cf462e49

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。