Entries

ペン芯とインキ

 各万年筆メーカーは、自社製品には自社インキを使うように勧めています。
 別メーカーのインキですと、素材を傷めることがあったりするのも理由の一つです。実は重要な点として、各万年筆メーカーは、自社のインキに合わせてペン芯を設計しているという点は忘れてはなりません。
 たとえば、パイロットでは、ペチットワンという商品を発売しておりますが、この専用インキは、通常のパイロットの万年筆には装着できないようになっています。二つの突起を除去すれば確かに装着は出来ますが、ペン芯の特性からインキの特質が通常の万年筆インキとは少し違います。メーカーでは、通常の万年筆には絶対に使用しないようにアナウンスしています。逆に通常の万年筆インキは、ペチットワンには使用できません。

 先日ある方よりご相談をお受けしたある万年筆は、軸製造メーカーとは違うあるメーカーのインキを使うとインキ出が悪くなるという由。メーカーにインキも送って一年以上にわたり調査してもらっても改善されないということで、私のところで拝見させて頂きました。
 しかし、そのインキは、別の万年筆で使用すると、かえってインキの出が良い位なのです。
 結果、ボトルネックとなっているペン芯を改善し、良くなりました。
 すぐれたペン芯はインキによってインキの出が極端に悪くなるということは無いです。インキによるインキ出の悪さは絶対的なものではなく、万年筆ごと(ペン芯ごと)に相対的なものなのです。
 確かに感心しないインキもありますが、ペン芯がインキの性能差は吸収するものです。
 ただ、インキによって出具合が異なるペン芯が問題がある代物かといえば、そうとも言えません。ペン芯理論は、ここで端的に論じることが出来ないたいへん難しい問題ですので、詳細は略しますが、ある万年筆で出が悪いインキが他万年筆でも出が悪い、絶対的インキ出が悪いインキとはいえない可能性が低くないことは申し上げたいと思います。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/156-0a1e3ebd

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: