Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/159-04ed3982

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ペン先とペン芯の調整について 理想的万年筆購入方法

 私のところでは、ペン先調整も行っております。
 軸以外の、ペン先調整についても、ずいぶんいろいろ研究して参りました。もし修理品などに書き味の悪いものがもしあった場合、調整しなければお納めすることが出来ないからです。修理や万年筆製造を行う以上、ペン先調整は必須の技術です。
 しかし、これは非常に難しいものです。調整したペン先が、メーカー出荷状態よりも悪いものであってはいけません。外観も調整したと言うことがわからない程度でなければなりません。細く削り出す場合であっても、長さ方向には絶対に縮めてはなりません。書き味もメーカー出荷状態とは違ったなにか異質な傾向をもつものであってはいけないのです。
 いろいろ研究を重ねた結果、独自の研磨剤や調整砥石等々を用いて、細く削りだすことから、研ぎ直し、ざらつき調整など広範な調整を行うことが出来るようになりました。これが実現出来たときは本当にうれしかったです。独自の調整道具を見いだすことが出来た効果が大きいです。一般には入手できない特殊な道具を使っていますが、効果は絶大です。今ではたいへん贅沢な総合的な調整スペースを設けて調整させていただいております。、
 私のところでは、万年筆初期のウォーターマンのアイドロッパーのころから現在に至るまで続いている伝統的オーソドックスなペン先形状を尊重しています。また、調整することにより、ペン先を傷めないようにしています。詳細は略しますが、安易な調整をすると、ペン先の剛性を下げてしまうことが多いのです。また、ペン先の金地金は驚くほど弱いものです。皆さんは絶対にご自身で調整はしないでください。一般の方が調整したもので、書き味が良くならないので後を仕上げて欲しいと依頼されることがよくありますが、拝見すると、かなり剛性を下げてしまっているものが多いです。拝見すれば、どのような器具でどうやって調整したか、すぐにわかります。もし調整をするのでしたら、調整したことがわからない位の調整をしなければ駄目です。
 
 先端はどのような調整であっても、完全に光沢がなければなりません。ルーペでみて、自分の顔が写るくらいの光沢が必要です。その上で、独特の運筆抵抗を醸し出すべきなのです。光沢を出すときにペン先を傷めるケースが非常に多いので、皆さんは決して行わないで下さい。

 特に修理の場合、ペン先だけ調整しても解決しない場合があります。実はペン先よりもペン芯に問題があってご満足いただけないものが少なくないのです。インキが間断なく満足に出ないと、視的書き味がとても悪くなってしまいます。これはペン先の調整では改善しません。
 私のところでは、ペン芯も自社製造しておりますので、他社のペン芯を見れば問題があればすぐにわかります。また、調整も出来ないことはなく、場合によってペン芯の調整を行っております。もちろんこれも、見てわかるようなペン芯を傷めるような調整では駄目です。残念ながらペン芯の調整は、専用の機械が無いと適切には出来ません。たまに拝見するとカミソリで突っついたような跡がたくさんあるペン芯をお見受けすることがありますが、これでは改善はしません。
 他にも、ペン芯の調整は首や軸との総合的なセッティングも重要で、ペン芯だけ、ペン先だけの問題ではないのです。過去記事で書きましたように、オノトのプランジャー式やインキ止式でインキが途切れるのは総合的なセッティングが不完全だったからに他なりません。
 私のところでは、軸やペン先にあわせてペン芯を作ることもできますが、ペン芯を修理部品として謹製するのは費用的にとてもお勧めできませんし、他社製品に対する多大な越権行為であるため、ごく一部の例外事例を除き、原則として行っておりません。従って、ペン芯の改良追加工が出来ない品物の場合、改善不能な品物もあります。
 ただし、古いてこ式やインキ止式用の旧ペンシンは若干在庫がありますので、そのようなペン芯を使って古い品物を修理することは可能です。
 現在では、特に海外製品はペン先やペン芯の製造工場が限られていて、ペン芯不具合(なかんずくインキ出の不具合)のご相談も少なくないです。インキ供給量がペン芯で若干のボトルネックになっているものは、ボールペン全盛の現在では、致し方ない側面もあります(厳密にはペン芯側でボトルネックにするべきではないのですが、かなり難しい問題を孕んでいるので、簡単には論じることができないです)。しかし、全然出てこないというのは問題です。残念ながら海外製品でそのようなものがあることはお客様よりお聞かせいただいております。
 ペン芯の性能は店頭で試し書きするように、ペン先に付けて書いただけではわかりません。実際インキを入れて(これを私は「インキを通す」と呼んでいます)ペン芯に通して書かなければわかりません。理想的には、購入時にインキを付けるのではなく通して書くことが出来たり、通販の場合は、ご自身のご希望のインキ量かテストしてもらって情報をフィードバックしてもらって(もちろんその後そのインキを完全に洗い流して)買うことが出来るお店で買うべきでしょう。梅田晴夫氏は、買うときにインキを入れて書いてみなければ駄目だと著書(『万年筆』140頁、平凡社カラー新書、1978)の中で言っています。試し書き後の洗浄も、店頭で良く行われているコップの中の水で振り洗うような方法ではちょっと不完全で、ましてインキを通した場合は、なおさらですが、水で洗った場合は内部の水分の除去など、現実問題なかなか難しいものがあります。このようなことをしなくても問題がないメーカーの品物を、自分の納得のゆくお店で購入するのがベストだと思います。
 ペン先の書き味も、ペン芯も、あとで追加工しなければ満足行かないようなものでは駄目ですし、そもそも万年筆はユーザーの方などが追加工することを前提に素材として作られ売られているわけではありません。ペン先も、メーカー出荷状態で使うことができれば、それが誰がなんと言ってもベストです。
 調整する必要のないペン先先端は削る必要などありません。ペン先先端以外のペン芯などの調整が必要な場合は、そちらを補修すべきです。こういったことも販売時に適切に診断アドバイス出来るお店で購入するのがベストですが、自店で診断調整でき、ペン芯理論も正確に販売しているお店は残念ながら他では皆無に等しいので(特にペン芯は製造開発経験がないと正確な分析が出来ないくらい難しい)、結局は、信頼できるメーカーの信頼できる万年筆を購入するしか方法がないかもしれません。

 それと、良くお受けするご質問に、ペン先を削って調整することの是非があります。

 このご質問へのお答えは至って単純です。

 まず、ペン先を削らなくてもペン先の形状などを調整するだけで満足出来る書き味やインキ出になるものは、削らずにセッティングの調整をします。ペン先以外のペン芯に問題があるものはペン芯を調整するか、ペン芯の能力で我慢するしかありません。
 ペン先の形状などに問題があるものは、研ぎ直しや先端調整を必ずしなければなりません。
 ペン先を研磨するときは、機械を使うから駄目とか機械を使わないから良いということはありません。どのような道具を使うかではなく、調整結果・形状が良ければ方法は問わないのです。もちろん、機械も手作業も両方マスターした技術者が、よりふさわしい方法を選んで使いこなすのがあるべき姿です。
 各工程の技術もさることながら、どのように調整すべき品物かを判断する故障探求のほうがはるかに大切なことかもしれません。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/159-04ed3982

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。