Entries

字幅と筆記角度についてお客様のメールより考える

 先日、あるお客様より以下のようなメールを頂戴しました。

とかく太字、極太字がもてはやされていますが、(実際、私も2,3本所有しています)実用という観点でとらえた場合どうなんでしょうか?万年筆はコレクションではなく、あくまでも道具だとおもうのですが、そう考えたとき極太字や奇をてらったようなペン先の改造、軸の素材、なんかおかしな方向に行っているような気がしています。


 字幅については、各ユーザー様の用途によっても決まりますので、一概には論じ得ない論点です。
 今回、少し考えてみました。私見を連ねてみたいと思います。あくまでも私見です。

 字幅は、どんなに良く調整しても、太いペン先の方が書き味の良いのは単位面積を考えても明白です。しかし、太いものですと、滑るだけのペン先になってしまう可能性がないわけでもないです。もちろん、滑るペン先は根強い人気がありますので、そのような調整をご希望になる方も多いですが、物足りないとおっしゃる方もいらっしゃいます。もちろん太いペン先でも調整によって運筆抵抗を加減することも可能ですが、単位面積あたりに掛かる力が低いので、細いペン先とは違った運筆抵抗になります。

 では、どのくらいの字幅がバランスの取れた字幅でしょうか。
 これは難問ですが、ちょうど中間が中細位ではないかと思います。

 実用細さは別として、書き味ということを考えても、字幅一覧の細字、中細、中字くらいが一番妙があると思います。

 こんなことを考えてみました。

 また、先日、あるお客様より、万年筆ご注文のご相談を頂きましたが、ご自身の筆記角度・筆記姿勢について、

筆記姿勢ですが、私はやや寝かせ気味~やや立て気味ではないかと思っております。
常に一定の姿勢で筆記するのがベストなのでしょうが、速書きするとペンは立ち気味・筆圧は強くなる傾向があるようです。


とご連絡いただきました。
 このご連絡はたいへん参考になりました。調整の参考になるということよりも、調整者は、このように筆記をなさる方もいらっしゃるということを念頭に置かなければならないと強く実感しました。
 よく、このようなお申し出に対して、逆に、一定の持ち方しなければならない、等々、使用方法を指導するケースもありますが、私はこれは間違っていると思います(参考過去記事)。なぜならば、万年筆は筆記角度を一定にしなくても十分対応できるものだからです。荒っぽい言い方かもしれませんが、筆記角度は一定ではないほうが、先端のイリジウムは平面ではなく、均一に摩耗してくれて良いかもしれません。

 私はかつて過去記事のように

私はそもそもその人にあわせて調整するという必要は無いと考えています。

と書きましたが、ある筆記角度に拘泥して調整するべきではないということを今回のお客様のご希望を通じて再確認しました。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/163-7bf13c65

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: