Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/184-3950714f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

インキ止式軸構造について再論

 過去記事にて、インキ止式について説明させていただきましたが、重要なことなので、再度ご説明させていただきます。
 インキ止式について、よくいただくご質問に以下のようなものがあります。
 それは、インキ止式の場合、後ろをあけたままにして書くが、そこからインキが漏ることは無いか、ということです。
 後ろをあける、後ろをゆるめると言っても、後部はガスケットで完全に遮断されており、インキや空気が軸内部に入ったり出てきたりすることはありません。

 なぜインキが漏るのかとご質問いただくのか考えてみますと、後部つまみを開けたままにするので、そこから空気を入れて筆記するシステムではないかと誤解されているためであると気づきました。

 後部をあけていただくと、後部つまみに装着されたロッドを通じてペン芯最後部のところの遮断弁が開くだけなのです。開くのは首軸最後部ペン芯最後部のところにある弁なのです。インキ室後部を開けてしまうわけではないので、後部からインキが漏ることはありません。 わかりやすく例示すると、使わないときに、カートリッジ入口に栓をしておくことが出来るような構造なのです。

 もし、後部から空気を取り込む構造でしたら、後部つまみを開けたままにしたら、開けたとたんにすべてのインキが軸から流出してしまいます。また、そのようなことをしなくてもインキはちゃんと出ます。

 もっとも、かつては後部から空気を取り込んで使う品物もありました。かなり古いもので、フォールシュ(フォルッシュ)の万年筆と呼ばれるものです。ウォーターマンがペン芯を開発するまではインキが間断なく流れるペン芯が無かったので、それまでは、ちょくちょくうしろを開閉してインキを出しながら使う万年筆があったのです。もっとも、このようなものは、私の提示した万年筆の要件に照らすまでもなく、万年筆の要件は満たさず、万年筆とは呼べません。

 ウォーターマンが万年筆ペン芯を発明して以降も、稚拙なペン芯や構造を考えていない軸が多く、フォルッシュの万年筆と類似の考えで、後に押しボタンがあって、インキを押し出しながら使うような万年筆などが存在したのも事実です。参考過去記事

 ただし、古いインキ止式でコルクを使ったパッキンの場合、中を通っている芯を気密するコルクが劣化して軸内部のインキが漏ることはあります。この漏れる現象を「芯づたい」と呼んでいました。これは全く別の問題です。この場合は仮に後部つまみをねじ閉めておいてもインキが内部から漏れます。その場合は修理することにより直ります(この修理は当方で行っております)。私の品物では、コルクは全廃しておりますので、漏ることはありません。

 なお、未来記事の「インキ止部をAT車に例える話」もご参照下さい。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/184-3950714f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。