Entries

万年筆には向かない 修正ペン 修正テープ インクジェット年賀はがき

 万年筆で筆記した場合、修正が非常に困難です。修正道具を使って修正した場合の注意点を書いてみたいと思います。

 今では使われなくなったインキ消しの場合、再筆記した場合、その文字が変色したり、にじんだりすることがあります。

 修正ペンの場合、乾いていない状態で修正した上から再筆記したり、修正液が固着した状態の性質によっては、固体がペン先の切り割り部分に入ってしまうことがあります。こうなると、インキ出が劇的に下がりますし、除去も非常に困難です。
 修正テープの場合も同様のことが言え、修正ペンの場合よりも切り割り部分に固体が入り込んでしまうことが多いです。

 万年筆の場合は、修正ペンや修正テープを使っての修正した上からの再筆記は絶対に避けてください。このような再筆記は、ボールペンをお使い下さい。

 また、現在、年賀状シーズンですが、最近よく使われるインクジェット紙年賀はがきも、万年筆には全く向きません。切り割り部分に紙粉が入り込んでしまいます。万年筆の使用は、表の宛名部分だけにとどめ、裏面の手書きはボールペンをお使い下さい。

 なお、余談ですが、最近のはがき類は、万年筆での書き味がとても良くなっていますね。私の経験では、郵便番号が七桁になってから劇的に変ったことを実感しました。
 
 こういったカスがたまるのも、万年筆のペン先が、いわば滑り軸受けだからです。

 万年筆ユーザーの方に、ボールペンを否定する方が多くいらっしゃいますが、是非、ボールペンも万年筆と上手に使い分けて頂きたいと願っています。

 なお、ペン先先端の切り割り部分に固形物や紙粉がたまってしまった場合、水洗いだけでは除去することが出来ません。ペン先を傷めずに適切に除去しなければなりませんので、もしスリットに異物が入ってしまった場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/187-733aeace

1件のトラックバック

[T16] 年賀はがきと万年筆の相性。

 バタバタとやっているうちに、師走も半ばを過ぎた20日。そろそろ年賀状に取りかからねば…などと考える昨今です。  私の場合、年賀状作成は次のような区切りでやります。  ?宛名・・・自筆・筆書き(一応、書道をやっていたことがありまして…昔取った杵柄、と...

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: