Entries

違いを把握する

私が以前木工をいろいろやっていたころ、家の近所にあった、今は無き木材店によく行きました。
そこは、建築用材の端材などを扱っていて、かなり良い木が豊富にありました。
そこのお店で、あるとき、商品に貼られた木曽檜というシールを見て、思いました。檜の中でも木曽檜はかなり良質の木材としてつとに有名です。しかし、静岡産などの檜もそこのお店にはありますし、流通しています。一体木曽檜と静岡の檜、どこが違うのか。
思い切って、お店の人に尋ねてみました。その人は木材一筋で何年もやってきたという年配の方でした。
以下のことを教えてくれました。

●木口を見ると、年輪が木曽檜は非常に細かいが、静岡の檜はとても荒い(この点が最大のメリット)
●静岡の檜の方が香りが強い

確かに、私も静岡の檜を立木から製材して角材を作ったことがありますが、とても良い香りがします。その香りも強いです。
年輪は、これはもう、見てびっくり、全く違います。
こんなにも年輪の細かさに違いがあるのは、気温のためでしょうか。

あるとき、知り合いの金型製造工場に行ったとき、テサtesaというスイスの測定工具のことを知りました。テサのマイクロメーターは非常にすばらしいとのこと。
しかし、日本の有名なメーカーのものも、品質は全く問題ないはずです。
そこで、ここでも、違いを尋ねてみました。
マイクロメーターのネジ(正式名称はシンブル)を回してみて、すぐに、その大きな違いがわかりました。全然違うのです。また、細かなところがとても良くできています。たとえば、国産のものですと、測定物に傷をつけてしまいかねない作りですが、テサのものは傷がつきにくいような配慮がなされています。値段も国産のものの数倍はします。

いろいろ思い切って尋ねて良かったと思っています。

尋ねるだけでなくて、実際に使ったりしてみないと、違いはわかりません。
私の品物や技術等も、ご利用いただいた多くの皆様には違いを把握していただいていらっしゃるのですが、幅広くPRすることはなかなか難しいところです。
みなさんも、品物を購入したり、修理などの技術者を選択するときは、特に外観からわからない内面の「違い」に着目して判断するのも、一つの選択方法だと思います。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/21-88d77fd6

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: