Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/216-81819041

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エボナイト素材の優位性

 エボナイトについて、様々なことをご紹介して参りましたが、現実問題として、セルロイドやプラスチックとそれほど変わらないのではないか、という意見があるので、すこしご説明してみたいと思います。

 エボナイト素材は、やはり、プラスチックとは全く違ったすばらしい強度がありますし、セルロイドと比べると天と地ほどの違いがあります。修理をしていると、この素材の違いが本当によくわかります。
 しかしながら、エボナイトで作ってエボナイトであることを生かすには、最低限エボナイトで作るとメリットが出る部品はエボナイトで作らなくてはなりません。
 たとえば、キャップや胴は、エボナイトの無垢でなくてはなりませんし、首やペン芯もしかりです。
 私のところでは、特にエボナイトペン芯を大切に作っており、当方のペン芯の特徴としては、

●立体的なペン先調整ができること
●ペン先入り堅さが硬いから他では分解できない 硬くても壊れることがない 入れるときに溝を壊すことがない
●外すとき壊れない巧みな構造

などが挙げられます・

 なお、エボナイトペン芯について誤解されている方が多いので付記しておきます。
 エボナイトペン芯でなければインキ出が悪い、逆にエボナイトペン芯はインキ出が良すぎるというのは間違いです。プラスチックでもインキ出が良いものはたくさんありますし、エボナイトでもインキ出が悪いものはたくさんあります。
 手作りだから良い、といえないのと同じように、エボナイトだから、プラスチックだから…と演繹(えんえき)的に論ずるのは間違いです。あくまでも、ペン芯の特徴は、ペン芯設計に依存します。何よりエボナイトペン芯がすばらしいのは、その強度なのです。当方では、エボナイト素材であっても、プラスチックペン芯と同等の設計・加工をしています。ただ、その加工が非常に難しいために、多くの他社のエボナイトペン芯は簡素な設計になっている、ならざるを得ない、というだけです。

 また、エボナイトがプラスチックと変わらないではないか、というご意見については、現在の他社製品を元にするならば、肯定せざるを得ない側面もあります。
 なぜならば、現在他社で市販されているエボナイト素材万年筆のすべてがエボナイト無垢ではないからです。ペン芯がプラスチックなのは仕方ないにしても、他の首やカートリッジ差し込み口、胴やキャップのねじ、キャップ内部部品はプラスチック部品であるものが多いです。残念ながら、エボナイトの強度などの素材特性ではなく、素材感性、手触りといっても良いでしょうか、それのみをエボナイトに求めている万年筆が多いのです。しかし、これも無理もないと思います。それだけエボナイトの加工は難しいのです。でも、ねじなどを切ってみてもエボナイト同士のねじは大変すばらしいものがあります。

 このような状況で、当方の品物をご理解頂くのは難しいと思いますが、私のところでは、完全エボナイト無垢でやっております。だからこそ、エボナイトの優位性をここまで強調している次第です。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/216-81819041

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。