Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/218-c14f9129

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エボナイト素材の誤解例

 良く皆様からご相談をお受けするエボナイトについての誤解例について若干解説してみたいと思います。どういう訳か、下記と同じ内容のご質問を多くの方から頂戴しました。

●エボナイトは、熱伝導性が低いので良いというのは本当か
 確かに、熱伝導性が良いと、軸内部のインキ室の空気に温度が伝わり、筆記時や保存時にインキがペン芯から出てしまうことがあります。エボナイトの熱伝導性は、金属などよりは良いですが、プラスチックなどと大差はありません。
 また、インキ室の空気への温度の伝わりやすさについては、熱伝導性だけでなく、素材肉厚や、軸設計によって全く違います。特に現在の品物の多くで採用されているカートリッジ式ですと、軸素材とカートリッジの間に空気層があるので、軸の熱伝導性を語ってもあまり意味がありません。これは、アルミなどの軸がカートリッジ式では存在することを考えてもわかることです(パイロット・カラーバーディなど)。もしカートリッジ式で熱伝導性を強調している品物があるとしたら、この点を失念しているといっても過言ではないと思います。

●現在では素材の工作精度が良いはずなので、エボナイトとプラスチックでも違いがないのではないか
 万年筆部品の中で素材の工作精度が要求され、使用時に工作精度の違いが明白なのは、カートリッジ式の場合、各パーツのなかで、

・各部品ねじ部分
・キャップ
・ペン芯

です。現在の万年筆を見る限り、プラスチックの方が遙かに優れているともいえないです。全く同じ精度で作られたとしたら、ねじ同士の相性、素材強度などから、エボナイトの方が遙かに勝っています。特に精密に切ったエボナイトのねじ同士の相性は本当にすばらしいものがあります。
 

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/218-c14f9129

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。