Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/248-3abd5785

-件のトラックバック

インキ止式万年筆製造の上で一番難しい点

 過去記事で紹介しましたように、戦前日本ではインキ止式がとても人気ありました。当時のものは、軸を振らないとインキが出なかったり、書いていてインキが途切れたりするものがほとんどだったのですが、使わないときにインキの流出を遮断することが出来るメリットがあることから、大変に普及したわけです。
 
 最近、オークションや骨董市、中古万年筆店でインキ止式をお求めになった方から、インキが途切れる、インキが出ないというご相談をお受けします。
 インキが途切れたり、振らないと出ないものがある、というのは、製作精度以前にペン芯が首やインキ止機構にマッチしていないからです。
 なぜそのようなものがあるのか、というと、理由は以下の通りです。

 まず、当時、ペン芯についての機構をわかっている人がほとんどいなかったのです。この点は意外に思われるかもしれませんが、ペン芯をみればすぐにわかります。しかし、これは無理も無いことです。現代の海外製万年筆のペン芯でも、よろしくない設計のものがあるくらい、それだけペン芯は難しいのです。
 この点、かつて、軸を振らなくてもインキが出るということをPRしたインキ止式商品が様々なところで作られており、私も何社かのものを見たことがありますが、ペン芯に問題があることに気づき、ペン芯で解決したモノは振らなくてもインキが出ることをPRした商品の中にはほとんどなかったです。最近の液体インキのホワイトボードマーカーなどのように、軸の最後部に押しボタンをつけたりして、インキを出しながら使うというシステムのものが多いです。しかし、ペン芯がしっかりしていれば、このようなシステムなどいらないのです。そもそも、出しながら使うようなことをしなくても、間断なく適切量流すのがペン芯の役目であり、インキ止式でもこれは同じことです。
 販売上は、押しボタンを配置したりしたシステムのほうが良く見えるものですが、基本を忠実にペン芯を専用に開発することの方が大切です。

 また、仮に適切なペン芯があったとしても、ペン芯製造家と軸製造家の技術的な交流がなく、おたがいにばらばらに作っていた、結局、販売店が軸は軸、ペン芯はペン芯で仕入れて、ペン先が首固定して装着されさえすれば良いというスタンスで売っていたのが問題なのです。ペン先やペン芯、軸に至るまで、すべて同一のところで、徹底した管理下で作らないとそういうことが起きます。
 残念ながら、かつての大メーカー、パイロットやサンエスのインキ止式以外は、インキが途切れるものが多かったのです。

 この点、テコ式と言ったような方式ですと、全く単純で、インキが途切れることはほとんどありません。

 このような経緯から、販売店でも、インキ止式は、軸を振りながら使うもの、などと言って販売していたのです。本稿脱稿時点で、そのように説明している事典サイトもあるくらいです。そんなこともあり、今でも、インキ止式に低い評価しかされないことがあまりにも多いのです。
 また、否定的にとらえられる理由として、不完全なコルクパッキンを使用している点も挙げられることがあります。 

 私のところでは、後を開ければすっとインキ流れるように書き出しの問題と、コルクの問題は、すべて解決しています。コルクの問題は、全くご心配いりません。コルクを全廃止しているからです。後を開ければインキが出るようにする、という点は、ペン芯を自社生産して、ペン芯もとことんインキ止式に特化したものを研究開発し、解決いたしました。
 
 よく、使うときに後部つまみをゆるめて使う構造自体に否定的な見解を拝見します。しかし、重要なのは、後を開ければ、すぐに書けるインキ止式を作ることは可能であるということです。
 インキ止式軸について、作るのが難しいところは、パッキンを使わずに漏れを完全に防ぐ首のすり合わせやインキ止部分、キャップと胴の4条ねじなどを想定される方が多いです。しかし、そのようなところはたいしたことはありません。

※参照過去記事
インキ止式軸、首と胴のすりあわせ技術
多条ねじ 四条ねじについて

 一番難しいのは、後ろを開ければ振ったりしないですぐにインキが出て書き出せるような軸構造やペン芯を開発することです。もちろん、今日では、現代的に、現代の一流メーカーの量産プラスチックペン芯と同等の機能をもったペン芯を作らなくてはなりません。ペン芯は、戦後相当に進化してきました。

 ずばり、一番難しいのはペン芯、ということになります。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/248-3abd5785

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。