Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/252-3ef8b309

-件のトラックバック

インキ止式再筆記時について

 先日、コメント覧から以下のご質問を頂戴しました。

インキ止め式についての蘊蓄,勉強になりました。
とはいえ,心配性の私は,インキを止めてキャップを閉め,かなりの日数使わないでおいたあとが気にかかります。(masahiro万年筆製作所製ではない、他社製品を)再使用する際,インキがなかなかでなかった(ペン先がすっかり「干上がって」か)経験があるのですが,これはインキ止め式の宿命でしょうか。それとも,私の購入した製品の欠陥でしょうか。


 インキ止式万年筆は、以下のようにして使用します。
 まず、キャップを開け、後部つまみをゆるめて使用します。筆記を終了してしまうときは、後部つまみを閉め、キャップを閉めます。
 この点、キャップがしっかりしていれば、それほど簡単には乾くことはありませんし、仮に乾いても、ペン芯など内部構造がちゃんとしていれば、一度インキが流れてそのまま乾いたペン芯ならば、インキはすぐに通ります。
 従って、おっしゃるような症状は、インキ止式すべてに起こるものではなく、宿命ではありません。
 今回のご質問は、キャップと、ペン芯にわけて考える必要があります。
 
 キャップについては、確かに、気密性が良いキャップがベストですが、以前のキャップは特にクリップ取り付け部分に隙間が空いたままのものが多く、そこから簡単にインキは蒸発しました。また、キャップに穴が空いているものが多く、適切に穴が開けられたものならば、その穴からインキが蒸発することはありませんが(参考過去記事)、そうでないものは、穴からも蒸発してしまいます。
 ちなみに、キャップ気密性については、以前は、あまり良くない方がかえって人気があったようです。以前は主流だったインキ止式ですと、後部つまみを閉めればインキは軸からは出ませんし、ペン先部分に付着したインキは、乾いてくれれば、キャップの中が汚れることが無く好感されていたときもあったようです。キャップの気密性が良く、キャップの中に湿気がたまりやすいものですと、首に塗られた漆(質の悪いものに顕著)があばた状にぼろぼろになることがあり(実際私自身何例も経験しています、参考過去記事)、それもあって、乾燥するキャップの方が好まれたのかもしれません。
 キャップについては、適切に作られた密閉できる現在のキャップならば、かなり乾きにくいですし、後部を閉めるインキ止式であっても、ペン芯に付着したインキがそれほどすぐに乾くということはありません。逆に言えば、現在の密閉されたキャップで、インキ止式であっても、インキが乾かない内に再使用していただければ幸いです。
 なお、以前の商品でキャップの気密性が良くなかったのは、加工方法にも理由があります。キャップ内部は、加工がかなり難しく、完全に密閉できるキャップを旧来のロクロ手法作るのは、非常に難しいのです(私の商品では、抜本的に改良してありますので、だいじょうぶです)。
 皆さんのお持ちの以前のインキ止式で、キャップの密閉性を高くすると、上記のように、漆に不具合が出る可能性がありますので、十分ご注意下さい。漆は湿気に強いはずなのでそんなことは無いと思われるかもしれませんが、漆や代用漆(カシューなど)で、このような湿気による影響を受けることを確認しています。ただし、漆の質が良いと、このようなことは起きないことも確認しています。

 もう一方の、ペン芯の問題、仮にペン先が乾いても、ペン芯など内部構造がしっかりしていれば、前述のように、一度インキが流れてそのまま乾いたペン芯ならば、インキはすぐに通ります。
 なぜご質問のようになかなかインキが出ないものがあるのかというと、当サイトですでに再三ご説明しているように、インキ止式で、間断なくインキが出るように、ペン芯を製造するのは難しく、以前は、軸を振りながらインキを出しながら使うのがインキ止式だと言われていたような品物が多かったからです。そのような品物は書いているときも、どきどき軸を振らなければインキは出ません。後を開けさえしていれば、書いていて間断なくインキが出る商品ならば、乾いたときも、すぐに流れます。
 もちろん、軸を振らなくても流れるとしても、装着されているペン芯の性能にもよりますし、緻密に作られた現代的ペン芯ならば、より効果が現れます。

 ちなみに、インキが通ったことがない状態のペン芯ですと、インキが最初は流れにくいです。これはどのペン芯にも言えることです。一度流れれば、あとは問題なく流れます。
 

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/252-3ef8b309

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。