Entries

カートリッジ式万年筆使い始めの際は・空カートリッジの作り方

 カートリッジ式万年筆を使い始めるとき、カートリッジ装着後、なかなかインキがでないことが多いです。
 そのようなときは、カートリッジの側面を押して、インキをペン芯に意図的に送ることが推奨されており、説明書にもそのような記述があります。

 しかし、これを行うときは、以下にご注意下さい。
 側面を強く押しすぎると、割と簡単にカートリッジ素材にヒビが入ってしまいます。
 カートリッジを再利用したい場合は、ヒビが入ると使い物になりませんし、ヒビが入った状態で使い続けると、軸筒内にインキが漏れる可能性があります。

 私自身は、カートリッジを押すことは一切しないで、軸を振ってインキを出します。振り方が適切ならば、実はこれが一番確実なのです。

 改めて、カートリッジ式万年筆ご使用のポイントを書いてみます。以下は株式会社株式会社パイロットコーポレーションの製品をもとに解説しています。
 カートリッジ装着の際は、カートリッジ後部端面を押すようにして装着し、側面は保持しない方が適切に差せます。
 株式会社パイロットコーポレーションの製品の場合は、絶対に回すように装着してはならず、まっすぐ差します。
 装着したあとは、インキがなくなるまで軸から取り外さないほうがよいです。いったん軸から取り外して再度取り付けると、開封された栓が閉じたり、栓の位置が変わったりして、インキ供給が滞ることがあります。
 取り外すときは、側面を軽く持って、まっすぐ引き抜きます。回すようにして取り外さない方が良いです。回すようにして取り外すと、故障する可能性があります。
 空になったカートリッジの内部にスポイトでインキを入れて使用したいときは、側面を指で押したことがあるカートリッジは、使用しないでください。

 パイロットの空カートリッジは市販はされておりません。空カートリッジは、パイロットの商品では、キャップレスには装着されています。過去記事にてご説明させていただきましたように、インキを入れて使う目的で着いているわけではありません(その空カートリッジにインキを入れてご使用いただくことは可能です)。通常、パイロット商品には、黒インキの入ったカートリッジインキが1本添付されます。
 空カートリッジは、市販はされていないため、ご自身でお作り頂く必要があります。

 空カートリッジのつくりかた(カートリッジ容器再利用方法)は、以下のとおりです。
 カートリッジを使用後、空になったものの中に縦に入っている栓をピンセットで除去します。その後、中を洗って頂ければ、空カートリッジができます。カートリッジを全部使わなくても、いったん軸に装着して栓を開封して、その後すぐに取り外し、ピンセットで栓を除去して、その後、中にほぼ満タン入ったままのカートリッジインキをすべて洗い流してしまって、空カートリッジを作る方もいらっしゃいます。ただ、それですと、中のインキがもったいないため、通常は、使い切ったカートリッジから作って頂くことをおすすめしています。
 従って、イメージとしては、まずは一本のカートリッジを使い切って、再度カートリッジ内に新しいインクを入れる、と言うことになります。
 
 ただし、この空カートリッジ再利用は、メーカーが公式にサポートしている方式ではありません。空カートリッジをご使用いただいても問題はありませんが、入り口の取り付ける部分のかみ合わせが緩くなると、適度な勘合でかみ合わなくなりますので、そのときは、新しい空カートリッジと交換してください。
 現実的には、割と長く勘合は保てますので、いったん作った空カートリッジは、案外長く使えます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/255-409ea96f

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: