Entries

エボナイト以外の素材の寸法収縮例

 過去記事にて、痩せについて言及しました。
 では、実際、エボナイト以外の素材において、常温で寸法収縮が起きた場合、どのようになるのか、ご覧いただきたいと思います。
 画像は、海外メーカーのしばらく前の品物です。
 画像に見える後部のねじのところに、吸入機構部品が装着されるためのねじが装着されます。吸入機構部品は取り外してありますが、画像の外側素材が収縮しているため、ねじを外すのにとても苦労する位、締め付けてしまっていました。
 後部のねじのところ、後端のところから少し上の部分が特に収縮していることにお気づきになると思います。指で触るとかなりの収縮がわかります。
 本来、こういうねじの部分は、原則としてオスメスねじともストレートなねじが切られており、画像のように収縮してしまっては、ねじの締め付け硬さも異常なものとなってしまいます。
 この画像のものは、ねじのところにひび割れまで見えます。
 内部にピストンが配置され、ピストンが上下することにより吸入しますが、ピストンの硬さも異常なものとなってしまっています。

 この画像は状態が悪い方ですが、このようになってしまったものは決して珍しいものではありません。
 ピストン吸入タイプのような若干ラフでもなんとかなる構造でしたら良いのですが、インキ止式のような軸に絶対的な精度が必要な場合、軸の変形や曲りは修理の可否に大きく影響することがあります。
 過去記事では、セルロイド素材の曲りをご紹介しましたが、機械で把握すれば一目瞭然なものの、指先では、微妙な曲りや変形は触ってわからないことも多いです。

 エボナイトの場合、常温で通常のご使用の仕方をしていただく限り、画像のようになることは無いです。
 
w1.jpg
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/269-8682db55

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: