Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/347-add7161a

-件のトラックバック

万年筆ペン先の裏で書くことの是非

 万年筆は通常ペン芯を下にして筆記します。つまり、ペン先刻印が見える状態で使用します。
 しかし、ペン芯を上にして、ペン先刻印を紙に向けて書くこともできます。
 反対にして書くと細く書けることが多いため、細い描線字幅を求めるために、このように筆記されることがあります。
 このような、ペン先刻印を紙に向けて書くようなことを、「裏で書く」などといわれます。

 裏で書いた場合、通常軸中心からオフセットしているペン先先端は、より紙に近づく方向に変わりますので、軸の保持位置は、紙から離れる方向に移動するわけです。
オフセットについては、過去記事をご参照ください。

 まず、裏で書くこと自体は、強い筆圧で書かない限り大丈夫です。
 裏側で書いたとき、紙に当たる部分にイリジウムがないものなど、まれに裏で書くことが推奨されない商品もあります。
 ほとんどの万年筆は、裏で書いたときの筆記状態までは検品調整されておりませんので、裏で書いたときの書き味やインキ出はよいものばかりではありません。裏で書くことが想定される場合は、その旨お申し出いただければ幸いです。

 裏で書くことの是非について、もっとも考慮しなければならないのは以下の2点であると考えています。

●裏で書くことの方がメインとなるような使い方は感心しません。多くても数十回の筆記に1回というような、あくまでも非常用としてして考えるべきです。もし、裏で書くことの方が多いならば、裏で書いた時と同等の細い描線字幅ペン先の商品をお求めになるべきです。

●上記とも関連しますが、裏で書いた場合の書き味を過度に吟味しすぎた書き味調整は全く関心しません。裏で書き味よく書けることはPRにはなり得ません。あくまでもサブ的に考えるべきです。

●裏で書くことが非常に重宝されるケースも無いわけではないです
 たとえば、試験用途でお使い頂く場合、試験会場にはFペン先の万年筆しかない、しかし、EF字幅相当の描線で細く書きたい、そのようなケースでは、非常に重宝されるでしょう。まさに非常用として、このような場合は、裏で書くべきと思います。

 総じていえば、非常用としてお使いいただくには、問題はありませんが、もし裏で書いたとき、書き味が極端に悪かったりしたら、裏で書くことはやめるべきです。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/347-add7161a

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。