Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/393-23670ce9

-件のトラックバック

司法試験用万年筆

2014/11
司法試験向け万年筆に関するYahoo!ニュース記事の、参照サイトに掲載されておりました


新発売のカスタム ヘリテイジ91(10,500円)もお勧めです!
幅広い字幅が用意されていますが、特に、FMペン先が用意されている点は注目です
Fでは細すぎ、Mでは太すぎる、軸色はカラフルなモノがよい、というご用途に応える商品です
詳細は未来記事をご覧下さい

 司法試験向け、司法試験用の万年筆のご相談をお受けすることがございます。
 過去記事にも、司法試験向けの万年筆について書かせていただきました

http://masahiro14k.blog67.fc2.com/blog-entry-319.html


 思うに、司法試験の受験生の方、すべてに万年筆はお勧めできるものではありません。縦書きの時代は、書いたところに手が当たるため、ボールペンよりは乾きが遅い万年筆は嫌う方も多かったです。解答用紙に横書きで筆記する現在は、縦書きのような問題は起きません。

 ボールペンのほうが圧倒的に向く方もいらっしゃいますし、試験会場には、万年筆を持参する場合でも、必ず万年筆も持参する必要があるでしょう。ボールペンよりも万年筆のほうが、トラブルが起きやすいのも事実です。

 しかし、万年筆を効果的にご使用になり、便利に感じて頂いている受験生の方も多いです。
 万年筆を使ってみると、思いの外便利に筆記して頂けるかもしれません。

 特異な環境で使用するものゆえ、万年筆もそれにあった選択をする必要があります。
 試験向きには向かない万年筆も少なくないのです。
 そういった点で考えてみると、

●インキ供給方式はカートリッジに限ります
 試験場ではインキの補給は難しいと思います。仮に休み時間であっても、試験当日の異様な雰囲気のもと、瓶を机の上で倒してしまったようなときのことを考えて頂ければ、カートリッジがベストであることはおわかり頂けると思います。吸入タイプのものでも、一度満タンまで吸入すれば、試験中にインキが切れることがないということでしたら問題はないのですが、試験中、何があるかわからないですし、カートリッジのほうが遙かに安心だと思います。吸入タイプの万年筆というと、インキがたくさん入りそうですが、実は、カートリッジ1本程度しかインキが入らないものも多いのです。

●複数本用意したほうがよいです
 万年筆の場合、机の上から落としてしまったような場合、筆記できなくなる可能性があります。また、カートリッジを差し替える手間も惜しいのが試験中でしょう。インキがなくなったら、カートリッジ内にインキのある別の軸と持ち替えるというのがベストだと思います。これなら、仮に試験中のインキ補充などが禁止されていても、対処できます。もし複数本用意なさる場合は、字幅は統一させたほうがよいです。文章途中から、字幅が極端に変わると、「特定答案」になりかねないからです。
 用意する本数は、試験中にカートリッジの1本半使うくらい筆記するとしたら、インキ補充しなくて済むには2本で良いですが、トラブルが起きたときの対策用にもう1本、合計3本あれば安心です。実戦で使えることが確認された、お気に入りの商品をご選択頂き、3本とも違う万年筆でも良いですし、同じ万年筆でも良いと思います。
 複数本ご用意なさることをお勧めするのは、机の上から落としてしまった場合などのトラブル対策用と、インキ補充せずに使用し続けるためです。もちろん、試験中にカートリッジを付け替えて使用することが可能ならばそのようにして、本数を減らすのも良いとは思います。また、異種の商品をご使用になれば、気分転換にもなりますが、実際の試験では気分転換どころではないとは思います。

●ペン先は軟らかいものはお勧めできません。試験中の異様な環境下では、硬いペン先こそが好まれます。時間ぎりぎりで焦って書いたとき、軟らかいペン先は、非常に使いにくいのです。焦って書いたときなどは筆圧が強くなり、ガシガシ書くようになります。そうなると、軟らかいペン先がしなりすぎないように気を遣って書かねばならず、使いにくいのです。

●字幅は、Fが圧倒的に人気ですが、Mを好む方もいらっしゃいます(上記専用の書式には、Mペン先でも問題無いようです)。カスタム74透明にはラインナップされていない字幅ですが、FMペン先も、大変使いやすい太さで、人気です。FMペン先は、カスタム742カスタム743を含め、多くの商品にラインナップされていますが、1万500円のカスタム74では黒軸にラインナップされています

●新司法試験に関する限り、割と滑りやすい紙のようです。運筆抵抗を考慮した検品調整や商品選択が必要です。滑りすぎると、焦って書いたときなど、日本語の縦線横線の要所要所で、ハネ、ハライ、トメといった運筆動作を意識して書かねばなりません。この点ほど良い運筆抵抗があると、書いていて、自然と要所要所で自然とブレーキが掛かるのです。…と、うまく説明できませんが、たとえば、土という字を書いたとき、横線を左から右に引くとき、右の書き終わりが、運筆抵抗により、要所でぴたっと止まる感じが理想、運筆抵抗が無い書き味が良すぎるペン先ですと、要所でブレーキが掛からず、横に長く引きすぎて、土ではなく、士になってしまうこともあるわけです。
 書き味が抜群によい軟らかいペン先というものは、一般的には好まれますが、試験向きとは言えないのです。

 その他の事項は、前掲の過去記事をご参照下さい。

※ペン先字幅記号については、こちらをご参照ください。

 私のところでは、司法試験向けには、カスタム74透明が圧倒的に人気です
 高い商品でも、カスタム742までで十分です。

特に筆圧が強い方にはカスタム743をお勧めします。
一般的にはカスタム742で十分、カスタム74透明で差し支えないです。

※カスタム74とカスタム742の違いについての参考記事
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/blog-entry-53.html

※カスタム742と743の違いについての参考記事
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/blog-entry-383.html

すなわち・・・
1,ペン先の取付部分剛性から見た場合、カスタム74と、カスタム742・カスタム743は、カスタム742・743のほうが、ペン先周りの剛性(剛性は、「丈夫さ」、というように読み替えて頂いても構いません)があります。
この剛性は、広義の筆圧耐性とも言えます。剛性が無いならば、筆圧には耐えないからです。
剛性は、カスタム742と743とでは、ほとんど差はありません
※ただし、剛性は、専門外の方が、ペン先ペン芯をむやみに外したりしてしまうと、著しく低下してしまいます。絶対に分解はしないことです。詳細は、こちらをご覧ください。分解したりしなければ、初期の剛性は持続します。

2,カスタム742と743では、743のほうが筆圧に耐えます(同じFペン先でも743のほうが硬いということです)。カスタム74と742では、あまり差はありませんが、強いて言えば、同じFでも、74のほうが少し軟らかいです。
ペン先の大きさとしては、742のものがパイロットでは基準となっているペン先で、74と742で選択を悩まれる場合は、742をお勧めします。ペン先の突き出し長さなども、非常に合理的で理想的な形状です。

上記の1と2を総合的に考えると、743が一番筆圧に耐えます。
しかし、74・742・743の3本の差は優劣を語れるほどまでに激しいものではありません。
合格者の方がカスタム74透明を使いこなして頂いていることからも、74透明で十分と思います。
上記は、かなり微視的に見ての話ではあります。

カスタムカスタム742をお求め頂けるご予算があれば、カスタム742を試験向けにはお勧めします。ただし、カートリッジが見えないので、透明軸がよろしければ、カスタム74透明をご選択頂くのがよいです。

カスタム742で透明軸があれば、それが一番にお勧めです
カスタム743では、ほとんど同じ形状で吸入タイプにしたものでしたら、カスタム823という透明商品はあります。ただし、カートリッジは使用できません。この商品も、(試験用としては前述の各要件を満たしませんが)学習用でしたら良い商品です。ペン先周りの剛性や筆圧耐性は、743と全く同じです(743と全く同じペン先のため)。

※ステンレスペン先について
ステンレスペン先というと、硬く、筆圧に耐えるようなイメージがありますが、金のペン先(特に14金ペン先)のほうが、何らかの過剰な筆圧が掛かった場合の耐性は強いです
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/blog-entry-367.html

 いろいろ書いてみましたが、この文章でご紹介している、カスタム74742743は、どれも、海外製万年筆よりも遙かに優れた万年筆ですので、どれをご選択頂いてもご満足頂けますし、そのように検品調整してお納めします。
 商品の価格帯は関係無く、どの商品もその商品のベストな状態まで性能を引き出しております(受験生の方も真剣勝負である以上、こちらも、検品調整では、採算度外視した、納得のいくまでの調整をしています)。
検品調整スタンスの詳細



カスタム74透明軸に関する詳細
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/blog-entry-288.html
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/blog-entry-319.html





この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/393-23670ce9

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。