Entries

M形吸入方式万年筆 開発ヒストリー

・M形の完成を目指す
M形吸入方式万年筆の実現を志向したのは、10年以上前になります
万年筆の構造として古典的で面白いプランジャー式万年筆を数多くのオノト万年筆修理で体感し、良さも見いだしながらも、別の安定した方法は無いものかと模索しておりました
お客様からも、スポイトでインキを入れるダイレクトタイプに対して否定的なご意見を頂くこともありました
・基本となるダイレクトタイプの改良
一方で、ダイレクトタイプも、構造上、改善改良すべき点が数多くあります。その中で、中芯自動調整機構や、コルク全廃自己潤滑構造などを実現して参りました
・M形の試作と改良
ダイレクトタイプの向上とともに平行して行ってきた、M形の試作に次ぐ試作、試作してみても、ダイレクトタイプより劣る点が見つかればその点を改良。一本限りの単品製作ではなく、製品として発売するため、細かなここのパーツを安定した精度で生産し続けることができるように製造設備の設備投資と特殊製作治具の工夫
寸法を少し改良することにより、一回での吸入量が増加したり、「引き戻し動作」が安定して行えるなど、様々な発見がありました
・M形の行き詰まりと解決策を見いだす
ほぼ完成に達したころ、一点、どうしても改善できない壁に当たりました。M形はダイレクトタイプよりも部品点数が多いため、後部つまみの問題が起きることがあるという点に悩まされました。このために、M形の商品化はやめようかとも思ったほどです
しかし、途中まで完成し、設計寸法もすべて作り上げた方式、これをホゴにするのはあまりにもったいないため、あらゆる方法を模索したところ、完璧な方法を見いだしました。その瞬間、M形が完成致しました
・透明軸を試作改良する
M形は、吸入タイプのため、中の見えない軸ですと、インキ吸入メカニズムが見えません

透明軸以外でも、満量吸入したあとは、後部つまみの往復動作が少しだけ重くなりますので、吸入完了時点が体感できます


動作説明するために、(非売品の)透明軸は用意する必要があります。しかしながら、透明なアクリルはエボナイトほどの強度はありません
エボナイトでなければならない部材以外はアクリルで作るため、アクリルとエボナイトの接合部分をどうするかが最も重要です。多くの透明軸を設計を試作してみました。アクリルの方をメスネジ・エボナイトをオスネジにするのが端的に出来る構造ながらも接合ネジ部分が外に見えては、やはり見た目に悪いです。接合部分の強度も、大変重要で、接合部分をどうするか、それが大問題です。一般的な接着剤を用いたり、ネジを強く締め付ける、といった方法では、納得のいく結果は得られませんでした
あらゆる方法を模索したところ、理想的に接合できる方法にたどり着き、透明軸も製品化出来るレベルで完成致しました

商品価格・最新在庫状況
在庫状況をPDF表示で見る

ご注意
以下の動画では、PILOTのINK-70ボトルを使用しております
このボトルには、首軸端面を受け止めて、ペン先が瓶の底に当たらないようにする部材が入っています
このため、動画では、瓶内部の部材に首端面を当てて、瓶内部に押しつけるようにして吸入しております
決して瓶の底にペン先を当てているわけではありません

↓HD動画です


ご質問ございましたら、お問い合わせください
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/446-9ba22688

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: