Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/450-0baa8c94

-件のトラックバック

クリップについて

 masahiro万年筆製作所製品にはクリップが装着されます
 クリップも自社生産しております
 クリップは、過去記事のように、へたらないことが重要ですが、メッキ品質と、曲げたところの強度も重要です

 メッキは、数年前より、メッキ専門工場にて、硬質厚金メッキを施してあります。通常メッキは大量でなければ受けて頂けないのですが、一流メッキ工場にてメッキを施して頂くことができました。その結果、メッキ品質は以前と比べて格段に良くなりました
RIMG0089.jpg
 クリップ本体は、バネ用合金を使用しております。クリップは、特に90度曲げたところが折れやすいです
 

古い万年筆のクリップは、黄銅(真鍮)で作られるものが多く、黄銅は加工性もメッキ性も良好なのですが、へたりやすく、90度曲げたところが時間が経過した後、極めて折れやすいという欠点があります
 未使用の古い万年筆のクリップを調べてみると、簡単にポロッと折れてしまうものが非常に多いです。また、折れてしまうと補修は不可能に近いです
 これは、黄銅のシーズンクラックとか、時季割れと言われる現象で、クリッププレス加工直後ならば熱処理などによって改善はできますが、そもそも黄銅はバネ性が劣りへたりやすいので、現代ではクリップには向かない素材です


 masahiro万年筆製作所製クリップは、あらゆるバネ用合金を相当に吟味した結果、極めて丈夫な素材を用い、丈夫に作ってあります

なお、へたらないことと、クリップのバネ強さは全く別問題です
へたらないクリップ=バネ強さが強いクリップということではありません。へたりにくい素材を使用して、バネ強さが弱いクリップにすることは可能です
逆に、へたりにくい素材で、バネ強さが強いクリップを作ることも出来ないことはありませんが、そのバネ力が持続しない恐れがあります。その持続しないことこそが「へたり」なのです
バネ力・クリップのはさみ力が強くても弱くても、その強さや弱さを維持できるか否か、それが鍵となります
たとえば、コイルスプリング(通常想像される渦巻き状のバネ)で、コイルが密着巻きとなった引っ張りバネを、引っ張って伸ばして、圧縮バネ(ボールペンの芯のところに入っているバネが典型例)として使うことがあります。また、バネが弱くなった圧縮バネを引っ張って、バネ力を強くすることがあります。このようなことをして、一時的にしのぐことはありますが、引っ張ったりして伸ばしたバネは、非常にへたりやすくなります。バネ力が維持できないのです



 球の取付けも、羅針盤部品製造のときの経験を生かし、自社で取付けております
 クリップ本体や球の接合剤などに、RoHS指令に抵触するような素材は使用しておりません

 キャップへの取付け部分のような基本部分も、かなり吟味してあり、キャップ内を覗いても、クリップ部品は見えないようになっています。また、クリップ取付け隙間から空気が漏れてペン先が乾きやすいということも一切ございません(この気密性について、もし隙間があれば、キャップ入り口を口でくわえて息をすればわかります)
 キャップ内部にある首端面との気密部分も、接触角度を吟味しております。気密を保つために、キャップ内部の一体段構造を確保しており、キャップ内部に動く部品はありません(キャップ内部に動く部品があると、動く部分にインキが入り込んだりすることがあったり、動くときに音がしたりするので、首との接触角度を吟味した強固な段構造で気密を保っています)

新たに万年筆製造を志した内外の事業所からご相談を頂くことがたまにありますが、新規に万年筆を製造しようと試みるメーカーの多くが困っているのがクリップとペン芯のようです
特にクリップとペン芯のご相談が多かったです
※他社向けに製造したことは一切ありませんし、現在は、ご相談も一切お受けしておりません


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/450-0baa8c94

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。