Entries

エボナイトペン芯の詳細について

 masahiro万年筆製作所製品には、自社製エボナイト素材のペン芯が装着されております
 エボナイト万年筆は、なにより、ペン芯がエボナイトであることに意義があります
 前回もエボナイトペン芯についてご説明させていただきましたが、今回は、画像で詳細にご説明させていただきます

前回のおさらい
 エボナイト製ペン芯(以下、「エボナイトペン芯」、と表記します)は、ペン芯としては最高のものなのですが、現在他メーカーではほとんど採用されておりません。
 現在ではカートリッジ方式の万年筆が主流であるため、軸自体が吸入方式の万年筆であっても、ペン芯はカートリッジ式のものが装着されているケースが非常に多いです。もちろんそれでインキがスムーズに流れれば良いのですが、ダイレクトタイプやM形吸入方式万年筆は、専用設計のペン芯を用いるに限るのです
 ダイレクトタイプやM形吸入方式万年筆のように、インキ止弁が存在する万年筆の場合、インキ止弁がインキ流れの峠となり、画像のようなペン芯を専用設計しない限り、後部つまみを開けてもインキがスムーズに流れないことが多いのです
 インキ供給方式に特化したペン芯を装着することにより、ダイレクトタイプやM形吸入方式万年筆でもスムーズなインキ出が実現いたします。軸を振ってインキを出す必要などないのです。
※専用に設計された、masahiro万年筆製作所 ダイレクトタイプ・M形吸入方式万年筆専用ペン芯の後部
R0011613.jpg



 masahiro万年筆製作所製のエボナイトペン芯は、以下の画像のような外観になっております
R0011897.jpg
 小さい部品ではありますが、外径すべてを削りだして作られておりますので、エボナイト納品時に施されている磨きセンターレス仕上げ加工よりも、真直度や外径公差が優れております(振れや曲がりがなく、外形寸法も設計通り均一、ということです)

 特徴は以下の通りです

●ペン先形状に合わせたくぼみが配置されている
 使用させて頂いておりますパイロットのペン先は、根本の部分が曲げてあり、ペン芯を抱え込むようになっております。
R0011889.jpg

このようなペン先のため、首からペン先をペン先単独で外すことはできず、ペン芯と一緒に外すことになります


 そのため、まったくの丸棒そのままのペン芯ですと、パイロットのペン先は装着できず、根本の曲げた部分を切断したりして装着するようなことを考えがちですが、masahiro万年筆製作所のペン芯は、パイロットのプラスチックペン芯と同様、ペン先の曲げ形状に合わせたくぼみを配置しております。これにより、ペン先側は全くの未加工のメーカー形状そのままのペン先が装着されております。

R0011855.jpg

●横溝幅が変化している
 水槽に水をため、水槽の側面に、下から上にいくつか穴を開けるとします。穴の大きさが同じならば、水槽の下のほうに開けた穴ほど出てくる水の勢いが強いです。もし上から下まで、全部の穴の水流を同じにしたいならば、穴の大きさを変えれば良いです。
 ペン芯も、溝の幅が同じですと、横溝にインキをためる作用が均等に働かないのです。
 プラスチックペン芯の多くは、横溝の幅がペン先先端に行くに従って広くなっておりますし、適切に作られたものは皆そのようになっております(お手元のペン芯を確認してみてください)。しかし、エボナイトペン芯の多くは、横溝幅は変化させておりません。
 masahiro万年筆製作所のペン芯は、理想的なペン芯にするために、加工手数は増しますが、横溝幅を変化させて作っております。(上の画像をご覧ください)
 市販では、このような細くて深い溝を切る刃物は市販されていないために、自作しております。さらに溝をきれいに加工するために、先頃、刃物を新材質のものに一新いたしました。
 横溝より重要な、インキの通るたて溝も、細い溝を、自社製専用機で、丁寧に1本1本切っております。

●首内部に入るところまで横溝が切られている
 エボナイトペン芯の場合、首内部に入るところには横溝(櫛溝)が切られていないことがほとんどです
 しかし、首への入り設計を工夫することにより、エボナイトでも、首内部に配置されるところに横溝を切ることは可能です。また、後述のように、取付け取り外しの際もペン芯を傷めるようなことがないように工夫しております。

ちなみに、エボナイトペン芯の場合、通常は首内部に入るところには横溝が切られておりませんが、この理由を、エボナイトが欠けやすいから、と説明されている向きがあります。しかし、現在プラスチックペン芯に使用されている一部の素材は、エボナイト以上に欠けやすい素材が使用されています。それでも、首内部に横溝が配置されております。結局は、設計と、見えないところにどれだけ手数を掛けているか、ということに尽きるのです。プラスチックペン芯であっても、設計が悪ければ、内部の溝は容易に欠けますし、首内部の見えないところに溝を切る必要があれば、エボナイトだろうとプラスチックだろうと溝を配置する必要があります。もしエボナイトが本当に「溝配置が実現できない素材」だったら、そもそもペン芯素材としては向かない、と言えましょうか、決してそんなことはないのです。
masahiro万年筆製作所では、プラスチックペン芯の設計でエボナイトペン芯を切削しております。手間は掛かりますが、これがなによりベストと考えております。



●プラスチックペン芯をモデルとする
 エボナイトペン芯の場合は構造が簡単で、たとえば、首内部には横溝が無い、等々言われることが多いですが、エボナイトでもプラスチックペン芯のような構造にするべく、現代の市販されているパイロットのプラスチックペン芯をモデルとして作ってあります。

●首への入り固さが固い
 適切に装着されたスリーブと相まって、強固に装着されております。
 また、特殊工具を用いて適切にスリーブを外すことにより、首内部の横溝を傷めることなく、取り外し可能です。強固に装着しても、特殊工具さえ用いればスムーズに外すことが出来、再び設計の強度で強固に装着が可能です。(首への入り固さについては、前回のペン芯記事もご参照ください)

 首端面も見た目を美しく加工するように心がけております
RIMG0204.jpg

 上記のように、ペン先形状に合わせたくぼみを配置したり、首内部に隠れるところまで横溝を配置しますと加工手数は格段に増えますが、理想のペン芯にするために、上記の設計を守っております
 エボナイト製のペン芯は、シンプルな設計のものが少なくないですが、すべてのmasahiro万年筆製作所製品には、このような自社製エボナイトペン芯が装着されております

masahiro万年筆製作所
 赤マーブルエボナイト 輸入材 15ミリ M形吸入方式 大型ペン先装着軸
※4本とも同じ商品の画像です
R0011801.jpg
R0011821.jpg
R0011921.jpg
R0011905.jpg
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/458-bcb57cd4

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: