Entries

書き味を「運筆抵抗」と「視的書き味」から考える

「万年筆」が明治時代つくられた言葉であるように、現在でも、適切な言葉が見あたらないとき、適切な言葉を造語することは良くあります。
すでに当てはまる用語が存在するとしたら、安易に造語しない方が良いのも事実ですが、造語するのは、心楽しいことでもあります。

私はすでに以前の このコラムにて、以前作った「視的書き味」と、「運筆抵抗」という言葉をご紹介しました。
再掲しますと、


Q.インキ出と書き味は関連するのか
A.インキ出は良い方が書き味が良く感じます。
目で見てインキがたくさん出ていると、精神的に書き味が良く感じるのです。これを私は「視的書き味」と呼んでおります。
試しに書き味の良い万年筆で、目を閉じて書いてみて下さい。全く心地よさを感じないと思います。
従いまして、場合によってはペン芯の調整などが必要な場合もあるのです。
幸い私のところでは、ペン芯を自社製造している関係から、不十分なペン芯の追加工なども行っておりますので、総合的な判断・診断が可能です。

Q.紙との抵抗はどのようなものがベストか
A.皆様お好みがありますので、難しいところですが、滑るような書き味よりも、若干適度な心地よい抵抗(私はこの抵抗を「運筆抵抗」と呼んでいます)がある方が理想だと私は思っています。
なお、ざらつきは絶対にあってはならない要素です。ざらつきと運筆抵抗の違いは、紙を引っ掻くのがざらつきと判断していただければ結構です。ざらつきがあれば、書き味は全く良くありません。



私も、インキが良く出て、書き味が良いペン先が理想だと思っております。広義の書き味には、狭義の書き味、これは、紙との抵抗による書き味、そして、目で見て感じる「視的書き味」の二つがあるわけです。
インキが良く出るためには、すぐれたペン芯が装着されていなくてはなりません。結局は、書き味は、ペン先だけの問題ではないのです。
「運筆抵抗」は主に狭義の書き味に関連するペン先先端の問題、「視的書き味」は主にペン芯などのインキ供給機構の問題なのです。

広義の書き味の良いペン先の要素としては、狭義の書き味(紙との運筆抵抗)と、インキの出具合「視的書き味」の二つを分けて考える必要があります。
この点からも如何にペン芯が重要かおわかり頂けると思います。

ところで、「書き味」、「味」ということばを使って伝統的に表現されているあたり、なんとも粋だと思います。
なお、古くは、狭義の書き味の良いことを「紙当たりが良い」と表現していたことがあります。書き味が良い、という方が心が温まるものです。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/49-b601e713

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: