Entries

環境に配慮したパイロットのコンバーター・CON-20

パイロットから、ほぼカートリッジ大のコンバーター、CON-20が以前より発売されています。
今回は、このコンバーターについてお話ししたいと思います。

明確な発売時期はわかりませんが、少なくとも1991年以降1993年までの間*、パイロットのこのコンバーターが変更されました。
具体的には、差し込み口の塑性パッキンの色が白から青になり、価格が100円から200円になりました。旧品はコンバアター10という商品名です。

*1990年のカタログにはコンバアター10が掲載されていますが、それ以降1993年までのカタログが無いため詳細な時期はわかりません。1994年のカタログは新タイプが掲載されています。

そして、もっとも大きな違いとして、内部のゴムが青い塩化ビニールから、黒いゴムになったのです。
塩化ビニールは、非常に耐久性があり、何十年もたった塩ビ製吸入チューブが劣化せずに使用し続けられている姿に接したことがありますし、手許のもう40年は経っている古い商品も塩ビチューブならまだまだ使用できます。私のところにゴムチューブ吸入修理用に塩化ビニールのゴムが若干ありますが、塩ビの耐久性はすごいです。また、透明なので、内部の残量が見えます。
パイロットの旧品ですと、押しボタンと本体とのわずかなすき間から、残量は確認できました。
それが、新しいCON-20では黒い合成ゴムになってしまったのです。内部の残量は確認できません。
私はこの新しくなったコンバーターを購入した当時、とても残念に思いました。
後日、パイロットの方に、なぜ長く使っていた塩化ビニールからゴムに変更したのか、お尋ねする機会に恵まれました。
塩化ビニールが焼却時、ダイオキシンの問題があるので変更したそうです。
このことをお尋ねした当時、今ほどはダイオキシンのことは問題視されていませんでした。
環境問題として騒がれるずいぶん前に、すでに対応していたとは、本当に驚き、この事実を知って以降、黒いゴムのコンバーターが好きになりました。残量は、レバーを押したときの音などで確認できることに気づき、コツをつかみました。
パイロットのコンバーターの中ではこのCON-20を一番にお勧めします。環境云々という点は別として、他の2つよりも機能的にみて良いからです。
もっとも、私自身今は、カートリッジ自体にインキを入れて使うことが多いです。

なお、青透明な塩化ビニールの時でも、赤インキを入れると、ビニール自体が赤く濃く染まってしまって、残量が確認しにくくなることを経験しています。

konbata20[1].jpg


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/55-0dabaf89

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: