Entries

パーマネント と ウォッシャブル

 先に、パイロットのリアルブラックインキについてご紹介しました。

 それを執筆していて思ったのですが、以前のインキには、よく、パーマネントとか、ウォッシャブルという表記がありました。
 私の知る限り、以前のパイロット製品の外箱の上、パーカーQuink、これらに表記が合ったことを覚えています。
 パイロットですと、ブラック・ブルーブラックがパーマネントで、ブルーとレッド(当時はピュアレッドという商品が主流)はウォッシャブルという表記がありました。
 パーカーのQuinkでは、たとえば、ブルーでも、ウォッシャブルブルーとパーマネントブルーがありました。レッドは、なんと、パーマネントレッドでした。そのように表記したものを見たときにはそれはそれは驚きました。
 実際問題パーマネント表記のあるものが筆記保存性が高かったかは別として、以前は万年筆インキがパーマネントかウォッシャブルか、換言すれば保存性能に感心が高かったのだと実感しました。

 つまり、パーマネントのインキは、保存用に良いという表記なのです。

 今は、パーマネントとウォッシャブルという表記に変わって、ゲルインキボールペンや蛍光ペンなどで、顔料系・染料系という表記を目にします。

 パーカーQuinkのレッドは、パーマネントと表記があったことは、やはり驚くべき事実です。
 色は、他のメーカーとは違って、鮮やかな赤ではなく、完熟トマトのような色なのです。
 私は以前シェーファーのレッドが良いと書きました。
 シェーファーのレッドも同様な色合いで、パーカーよりは好きな色でした。シェーファーのレッドはたいへんよく使ったのでわかるのですが、レッドブラックとも言えるでしょうか、書いた後、だんだん赤い筆跡が血液のように黒くなってくるのです。
 いかにも耐光性が良いように思ったものです。
 頻繁に使用していた当時、耐光性を試験していただく幸運に恵まれました。

(次の記事につづく)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/tb.php/57-27d2d114

0件のトラックバック

Appendix

お知らせ

masahiro万年筆製作所 本サイト



masahiro万年筆製作所製品
商品価格・最新在庫状況

 
masahiro万年筆製作所 パイロット製品・masahiro製品販売ショップ

販売商品 検品調整スタンスの詳細

ペン先字幅記号について

パイロット製品名入れについての詳細

カスタム74透明 税抜 10,000円 のご注文は以下からどうぞ
ペン先F ペン先M



すべての記事をご覧になりたい方は、
いちばん最初の記事
から、本文一番下の
「次の記事に移動する」
を記事ごとにクリックして、順にさかのぼってご覧頂くか、以下の全記事表示をご利用下さい。

全ての記事を表示する(ベータ版)

プロフィール

 masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広

Author: masahiro万年筆製作所  代表者 内野成広
総エボナイト製手作り万年筆を製造しております
一切の妥協を許さない完全な商品を目指し、生涯唯一の職業として励んでおります
ペン芯までエボナイトで製造している数少ない万年筆メーカーです。

また、株式会社パイロットコーポレーション 正規販売店として、パイロット商品の販売をいたしております。

422-8017
静岡市駿河区大谷769-3
masahiro万年筆製作所
090.jpg
FAX 054-298-7473
masahiro14k@gmail.com
http://www.masahiro.gr.jp/

携帯向けページ

PC向けと同じアドレスになります
http://masahiro14k.blog67.fc2.com/
QRコード
携帯向け販売サイトもPC向け販売サイトと同アドレスです
上記携帯向けWebLogサイトから販売サイトにアクセスできます
アクセス方法解説ページ

現在の閲覧者数: